「不二」 過去の記事  【紹介期間:平成29年5月〜】

 掲載号等  【第12号】:昭和58年3月発行 

 宗教の価値と存在意義 (その2)
  ※その1はこちらをクリックしくてください。
  ※その3はこちらをクリックしくてください。

 京都 大珠院  盛永宗興老師  

  





雲水の素地をつくる意味でも寺庭教育は重要であると思いますが、寺庭婦人の心構えについてお話し下さい

 寺庭婦人というのは非常にお気の毒なんです。お寺以外からお嫁に来ておられるとしますと、何しろ、禅寺という所は掃除一つ取り上げても忙しいです。ですから、寺庭婦人程、宗教書を読む時間はないんじゃないですか。却って、一般家庭婦人の方が、カルチャーセンターで聴いたり、テレビラジオで宗教について聴く時間が有ると思います。又、夫であるご住職さんが布教師さんだとすると、これは奥さん以外の人にばっかり話しているわけで、奥さんに言う暇がない。こうなると、この世の中で。自分の宗教に対して一番外側に置かれているのが、寺庭婦人といえるのではないか。勿論、理屈は知らなくても、一瞬々々の事に打ち込んでやれれば、それが仏様なんだけれども、しかし、やはり、自分の子供や檀信徒に相対していく時に、何となくボンやりしているのではなく、まだ駄目だけれど方向はこうだと確信を持ってもらいたいのです。


正見に向けて確信をもて
 法華経の中に説かれてある「一大事因縁は、仏智見を開き入らしめるのが、仏のこの世に出られた最大目的である」と。これを我々の宗祖の臨済禅師は、「只、汝等真正の見解を要す」と言われ、「正見」ということを強調せられている。世の中の常識、一般的な知識とは、正見に反して『邪見』に満ちている。よく世間の人は、「努力したのにどうしてこんなになったんだろう」と嘆かれるが、努力だけで物は済まないことに気が付いていない。東京へ行こうとする人が、最初の一歩を九州へ向けて踏み出したとするならば、後は努力すればする程、東京から遠ざかる。そこに、『正見』という最大の要素が必要とされるのです。


寺庭教育こそ大事ですね
 布教の第一人者であられる松原泰道師は「南無の会」を作っておられますが『南無』というのは「帰命」、「帰っていく所があることが、旅のよろこびだ」とよくお話しされます。「普通の旅行の喜びの原因は、安心して帰っていける家庭があるからである。人生の過程の色々な出来事も、怖れとして受け取るか、喜びとして受け取るかは心の帰っていく家を持っているか、どうかにある」と上手に言われ、『南無』ということを理解させられるんですね。
寺にとって、南無の本拠地は「寺庭」なんです。その本拠地がいい加減になっておって、雛僧、僧堂、あるいは実際活動しているお坊さんの質の問題を論ずるのは、家の無い人間に旅のスケジュールを書いて、スケジュールによって苦しみを喜びに変えさせようというのと同じではないでしょうか。どの様なスケジュールであっても、帰っていく家の無い人にとっては、恐れ、寂しさ、苦しみになってしまうと思うのです。
 ですから、宗教界に「宗教体験」というものが強烈に問われてくるのは、当然の時代の趨勢だと言えます。他に何をやっても、それは政治で、あるいは社会の慈善で代わり得るものになってくるでしょう。そこで、宗教以外の立ち入ることのできないのが、本当の意味での「安心」の問題です。そして、それは一朝一夕にはできず、逆に綱をたどっていけば、寺庭の教育ということになっていく。在家から小僧に入ってくることの少なくなってきた現在、又、今後より社会が豊かになっていけば、昔の様に、七、八才で寺へ入って苦労する人間など当然居なくなるわけです。



ナウイ若者、宗教と関りがある!
これは、教団の使命を制する問題であって、同時に、社会にとっても大きな問題です。私などは、西も東もわからないうちに坊さんになっただけに、自分か仏縁があったことに、本当に、感謝しています。ですから、心底、若い者達に言うんです。「現代の若者で宗教と無関係な奴は、ナウクナイ!呵々最も先端的にナウイ若者とは、宗教と関りのある人間だ」


(その3に続く)